なぜ、動画制作会社によって、マーケティング効果が違ってくるのか?

動画マーケティングとは何か?

動画マーケティングとは、自社の商品やサービスへの興味・関心を持ってもらうために顧客に対して、動画を用いたコンテンツでマーケティングを行っていく手法です。

近年、TwitterやInstagram、TikTok、YouTubeなど、急速にSNSが普及していることからも分かるように、動画コンテンツは拡散しやすい状況にあります。

動画は文字よりも情報が伝わりやすく、拡散されやすいのが特徴です。
そのため、動画マーケティングによって、幅広いターゲットに向けた自社商品・自社サービスの魅力を宣伝することが可能となります。

今回は動画マーケティングの目的や効果、そのメリット・デメリット、なぜ動画制作会社によって、マーケティング効果に違いが出てくるのかについて解説をしていきます。
ぜひ、参考にされてみてください。

動画マーケティングの目的

最近では、動画マーケティングが様々な企業で取り入れられることが多くなってきていますが、各企業が動画マーケティングを行う主な目的としては、

自社商品・自社サービスの

・認知度を上げること

・売上を上げること

・魅力をプロモーションすること

以上の3つが考えられます。

動画マーケティングのメリット・デメリット

では、動画マーケティングを行うことによるメリット・デメリットは何でしょうか。
ここでは、それらについて解説をしていきます。

メリット① :短時間で多くの情報量を伝えることができる

動画は、短時間で一度に多くの情報量を視聴者に伝えることができます。
それは静止画の約5000倍の情報量とも言われ、約1分間の動画でおよそ180万文字分を伝えられると言われています。

例えば、ECサイトやブログに文字で書かれた商品紹介を読むよりも、有名芸能人やモデルが実演販売している動画を一度見ただけの方が、商品について知ることができ、より興味・関心を持ちますよね。

このように、文字だけではなく動画として情報を発信した方が、短時間で商品やサービスの魅力を明確に伝えることができるのです。

メリット② :SNSで想定以上の広告効果を出せる可能性

動画を含めたコンテンツは、SNSによる拡散によって、想定していた以上の広告効果を出せる可能性があります。

例えば、Twitterのリツイート機能によって、皆さんがフォローしている方からオススメの商品やサービスの動画が流れてきたことはありませんか?
また、その動画を見たことで実際に商品・サービスを利用したという方もいるのではないでしょうか。

特に、動画は視聴しやすく、拡散されやすいコンテンツです。

視聴者が面白い、魅力的だと感じた動画は、SNS上で拡散されることによって、より多くの人の目に留まりやすいため、広告効果も大きくなりやすいのです。

デメリット①:作成時間や制作費用などのコストがかかる

動画制作には複数の工程があるため、ひとつの動画として完成させるまでに、多くの時間や労力、金銭的なコストがかかります。

制作は、おおよそ以下のような流れで進行していきます。

 ・お打ち合わせ(動画の方向性を決める)

・企画構成案作成

・撮影

・編集

・納品

また、制作する動画によって、コストは大きく異なります。
自社がどのような動画を制作したいのか、動画の方向性を決めつつ、おおよその予算も立てておくと制作が進みやすいでしょう。

デメリット②:動画マーケティングの効果は、制作に関わる人材で変わる

動画マーケティングの効果は、制作に関わる人材によって変わってくるという点もデメリットになります。

動画マーケティングに関する知識の幅が広いこともありますが、視聴者が興味を惹くような演出や編集を可能とする技術にも、各企業・個々人の差が出てくるためです。

その他、制作した動画がSNS上でバズるかどうかは運の要素も大きいですが、一部の優秀な制作者の中には、バズらせやすいコツやノウハウを知っている人もいます。

動画マーケティングを依頼するのであれば、この点も頭に入れておきましょう。

なぜ、動画制作会社によって、マーケティング効果が違うのか?

それでは、なぜ動画制作会社によって、マーケティング効果が違うのでしょうか?

それは、前の項目でも触れましたが、動画マーケティングに関わる知識・技術が制作会社ごとに異なるため、結果として、効果にも差が出てくるのです。

動画の拡散についても、ただ良質なものを制作するだけでは結果に繋がってきません。
SNSでの運用方法やSEOの観点から視聴数を上げる方法などといった、様々な知識が必要になってきます。

そのため、動画マーケティングを実施したいと考えた時、効率的かつスピーディーにマーケティング効果を出すためには、実績のあるプロに依頼をすることがベストだといえるでしょう。

まとめ

今回は、なぜ動画制作会社によって、マーケティング効果に違いが出てくるのかなどについて、解説してきました。

動画は、自社の商品やサービスを宣伝したいときに使用するツールとなりますので、積極的にPRしたい商品・サービスがあれば、ぜひ一度、動画制作を検討してみることをオススメいたします。

また、動画を制作してみたいが何も分からないという方や、どうすれば良いのか相談にのってほしいという方も、多いのではないでしょうか?

弊社RAIDでは、皆さまのご要望をしっかり聞き取ったうえで、メッセージがしっかり伝わる動画制作を行っております。無料のご相談も承りますので、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

ataka

芦屋町生まれ、芦屋町育ちのコピーライター。 大卒後に制作を志し、靴の販売から求人広告の制作など、いくつかの職種を経験した後、RAIDへ入社しました。よくココアを飲んでます。

CONTACT

お問い合わせ

些細なご質問でも、お気軽にお電話ください。
はじめての動画制作が安心できるよう、
経験豊富なメンバーで丁寧に回答いたします!

お問い合わせ 0120-551-872

営業時間:9:30~19:00